黄色信号

手術を行うメリットは

画期的な視力回復手術として、口コミを中心に人気を呼んでいるレーシック手術。
若者から中高年層まで、幅広い方に人気のある施術です。
レーシック手術のメリットは何といっても、視力が簡単に矯正できて、メガネやコンタクトレンズを装着する必要がなくなるということです。
視界がクリアに見えるので、スポーツ選手など目をよく使う職業の方にも人気があります。

レーシックとは角膜の屈折異常によって視力低下が起きてしまった目について、焦点が網膜に合うように矯正する治療です。
近視や遠視、乱視などの屈折異常を患っている人は、メガネもしくはコンタクトレンズで視力を矯正するしか方法がなく、いちいち着脱しなければならない手間がかかっていました。
しかしこの手術の登場によってそれらの手間が省け、何もしなくても裸眼のままでものが見えるようになったのです。

レーシックといっても、「エピレーシック」「イントラレーシック」など日々施術も進化しており、安全性の高い施術方法が考案され、機材も正確性の高いものが使われています。
つまり、昔のものと現在のレーシックはレベルそのものが異なるということです。

なかでも最新式の技術である「アイレーシック」は、患者の角膜の歪みに細かいところまで合わせ、レーザーをコントロールしながら照射することが可能です。
以前はアイレーシックほどの微細なコントロールするは不可能でしたが、微細な部分まで調整できることでより自然な見え方が実現できるようになりました。
この手術のメリットは、夜間に光が眩しく見える「ハローグレア現象」を最小限に抑えることができることです。

レーシックはレーザーを使用する手術のため、とても怖いイメージがあります。
しかし実際には説明時間を除いて施術が行われるの平均15分ととても短いもので、歯科の治療よりも簡単に済んでしまいます。
視力矯正アイテムに時間や手間をとられず、自分らしい見え方を実現する効率的な治療方法なのです。

Copyright(C) 2013 目の健康を維持できる手法 All Rights Reserved.